ひまつぶし相談所

雑記です。

君の名は。DVDで観たけどやっぱりおもしろい。

映画館で2回観て、小説版も読んだくらいには君の名は。が好きです。

 

f:id:otamachang:20170818150434p:plain

先日ついにDVD・ブルーレイになりましたね。映画館で2回も観たのに、DVDが出るのも楽しみに待っていました。

 

3回目の君の名は。ですが、まだ鳥肌が立つくらいには楽しめました。

 

ということで、君の名は。のどんなところが面白いのかをあげてみます。

(※ネタバレありです)

ちなみに、映画と同じものの小説版と、映画では描かれなかったエピソードが描かれている小説も出ています。

①ストーリーの意外性

 

一番最初に観たときは、ネットでネタバレなどの情報を得ないまま観に行きました。

男女が入れ替わって綺麗な彗星をロマンティクに見ながら恋に落ちるような感じなんだろうなぁ、という予想で観ていました。

 

そうしたら、物語は急展開。まさに「アッ」と驚くような展開になりました。まさかあんな、時空を超えた壮大な話になるとは思ってもいませんでした。

 

さらに綺麗な彗星も、世紀の天体ショーのはずが、大きな災害になるなんて...。

 

 

②展開が早く、情報も多くてずっと頭の中で話を整理している

 

ただの入れ替わりではなく、時間を超えて入れ替わっているということで、ちょっと頭が混乱します。

 

ずっとストーリーについて考えを巡らせているわけです。つまり知らぬ間に君の名は。の世界観の虜にされているというわけです。

 

作品を好きになる要素として、世界観というのは大きな割合を占めているわけですから、これはうまいですね。

 

③とても綺麗な映像と音楽

 

やはり映像と音楽も重要ですね。君の名は。はとくに背景がすごく緻密で丁寧に描かれていて、とくに夜空に浮かぶ彗星は息を呑むような美しさです。

 

さらに音楽。全曲RADWIMPSが手がけており、こちらもものすごくこだわって制作したようです。

 

個人的にとくにお気に入りの音楽は、「スパークル」です。

クライマックス、2人がついに出会った奇跡の"かたわれ時"が終わり、いよいよ糸守に彗星が落下する!!という場面で流れ始めます。

さながらミュージカルのように、曲が流れながら物語が進んで行くシーンは鳥肌ものです。

 

 

あと、「前前前世」が流れるタイミングも素晴らしいと思います。そこでも鳥肌が立ちます。

 

魅力だらけの作品、「君の名は。」ぜひ、まだ観ていない方はもちろん、映画館で観たよ、という方ももう一度観て欲しい作品です。