ひまつぶし相談所

雑記です。

ストレス発散するなら、お酒よりも...。

こんにちは。おたまです。お酒ってあるじゃないですか。酔っ払って、気持ちよくなって、ストレス発散になっちゃう飲み物。ぼくはあまり飲まないです。別に嫌いなわけじゃないですけど、後遺症があるじゃないですか。二日酔いとかいう地獄が。あれがぼくにはきついんですよねぇ。お酒を飲んでいい気分になっているときはしあわせなんですけどねぇ...。

f:id:otamachang:20170322205642j:plain

で、最近知った情報なんですけど、お酒に強い、弱いって遺伝で決まっているようなんですね。なんでも、お酒を飲むと、アルコールが肝臓でアセトアルデヒドという毒性のある物質に変わるんだそうです。そいつが、二日酔いの原因なんですね。アセトアルデヒド。悪そうな名前ですね。

 

そんで、そのアセトアルデヒドは、幹細胞中にあるアルデヒド脱水素酵素、通称ALDHという酵素によって分解されて、酢酸という体に害をなさない物質になります。そうなんです。この、ALDHの「型」によって、お酒に強いとか弱いとかが決まるんです。活性型をもつ人は、お酒に強いタイプの人で、アセトアルデヒドの分解が速いんです。低活性型をもつ人は、お酒に弱い人。分解が遅いんですね。日本人の37%くらいは、この低活性型らしいです。非活性型の人は、アセトアルデヒドの分解を全く行うことができなくて、日本人の7%くらいが当てはまるみたいですね。

 

という感じで、日本人の約半数は、「お酒に弱い」ということになりますね。だから、アルハラなんてもう、暴力ですよ。殺人未遂ですよ。こわいこわい。ぼくは多分、低活性型だと思います。二日酔いひどいんです。頭ガンガンするんです。上司に暴言吐いたり、道で寝ちゃったりするんです。アセトアルデヒドこわい。

そこで、お酒と同じくらい、いや、それ以上に気持ちよくなれて、かつ後遺症もまったくない行為を紹介します。それは、筋トレです。いやいや、まじです。筋トレすると、アドレナリン、エンドルフィン、セロトニンドーパミンなどの脳内物質が分泌さて、とんでもなくいい気分になってしまうんです。本当です。悩みとか、吹き飛びます。とりあえず騙されたと思ってやってみると実感できます。

 

さらに、筋トレの翌日には、筋肉痛という心地よい快感がまっています。筋肉痛は快感なんです。本当です。二日酔いというとんでもない後遺症があるお酒とは大違いの、筋トレ。おすすめです。

 

継続すれば、筋肉が成長して、謎の自信が出てきます。さらに、テストステロンというホルモンもムンムン出て、異性にモテモテです。じゃあ、継続しているぼくは、ムキムキでモテモテなのかって??

 

 

...さて、酒でも飲んでねよう...。