ひまつぶし相談所

雑記です。

村田沙耶香さんの「コンビニ人間」がおもしろかったなぁ、という話。

コンビニで、110円のおにぎりを買って、110円ちょうど出したら、「よろしいですか」って聞かれたんですけど、なにがよろしいんだか...。「え?は、はい」と、答えました。

f:id:otamachang:20170321202440p:plain

というわけで、コンビニ人間という本を最近読みまして。これ、すごく面白かったです。去年の芥川賞受賞作品ですね。ちょっと変わった女性が主人公。36歳未婚で、今まで恋人がいたこともない。大学を卒業した後も就職をすることなく、コンビニのバイトを続けて18年。そんな女性の日常を描いた作品でした。

 

やっぱり、こういう人っていわゆる「世間一般の人」と違うと思われてしまうわけです。36にもなったら結婚して、子供もいて、と。そもそも大学を出て、コンビニのバイトを続けているなんてありえない、と。でも主人公はちっともそれらが変なことだとは思わないんです。ただ、人にそう思われるのがめんどくさいから、適当な嘘の理由をあげて、コンビニでバイトをしていると言うんです。まわりの人がさぐりを入れたりしてくるんです。この歳で、独身で、コンビニでアルバイトをしているなんて深い理由があるはずだ、と。

 

子供の頃から普通じゃないと言われてきた彼女。時に、とんでもない言動で、まわりを驚かせることもしばしば。でも、自分ではその言動がなぜおかしいかがわからない。そこで、周囲の人や、妹の真似をしてなんとか常人のような振る舞いをしていたんです。そんな生き方をしていて、見つけたのがコンビニ店員という天職でした。

そしてそのままコンビニ店員として18年生きるわけですね。


なにが普通で、なにが普通じゃないのか。そんなことを考えさせられる本でした。大勢がしていていることをやっていれば普通なのか。やらなければ普通じゃないのか。大学を出たら、バイトを辞めて就職しなければ普通じゃないのか。36歳で結婚していないのは普通じゃないのか。

 

でも、どうもこの主人公は「サイコパス」の傾向があるみたいなんです。そんな風な描写がいくつも出てきます。その点では、彼女は普通ではないのかもしれないですね。こういう人もいるんだなぁ、とか思って読み進めました。興味深かったです。

 

 

まぁ結局、この本を読んでとても強く思ったことは、コンビニ店員って時給安いのにやることはめちゃくちゃ多くて、辺な客に絡まれることもあって踏んだり蹴ったりだなぁ。ということでした。めんどくさがりのぼくは、1日ももたないと思います。コンビニ店員。