読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし相談所

ひまつぶし専門家です。きままに、なにかを書きます。きらくに、読んでね。

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

という本を読んだ。著者は山本ケイイチさんという人。ん?!あの人じゃないよね!?

 

去年筋トレを始めて、もうすぐ1年になる。週2回程度、近くの体育館の簡易ジムでやるくらいだけど。筋トレを始めようと思ったきっかけは、体型の変化。痩せ型の自分は大丈夫だと思っていたのだけど、お腹がちょっと出てきた。焦った。年齢には勝てないということか。

 

で、ついでに痩せ型を脱却してマッチョになろうと思い、筋トレを始めた。まぁ、「絶対マッチョになる」だとか気合いは入れずに、「お腹がへっこんで、筋肉がついたらいいなぁ」くらいの、とてもゆるい気持ちで始めた。今ではすっかり習慣になった。そこまで激しく体を追い込んだりしていないので、別人のようにマッチョになったということはないのだが、最近は腕が太くなっただとか言われるようになった。自分で実感するのは胸筋。おっぱいはでっかくなった笑。

 

筋トレを始めると、やはり色々な情報を集めたくなるわけで、おもにネットで色々な情報を探す。そんな中で1冊の本が目に付いたので、即買いして読んでみた。

f:id:otamachang:20160510164139j:plain

なぜ優秀な経営者には筋トレをする人が多いのか、筋トレをすることのメリット、筋トレの目的などが淡々と書かれている。とても読みやすく、読んでいるとなんだか自信が出てくるような不思議な本だった。

 

ネットでも色々なところで書かれていたが、この本でも書かれていた。それは、筋トレを始めても続けることができない人が非常に多い、ということ。私は幸運?ながら1年続けることができて、筋トレが習慣になった。5日以上ジムに行けない日があると、焦るくらい。

 

読んでいくと、まさに私みたいな人間が、続けることができるらしい。マイペースに、地道に、少しずつ変化していけばいいや、という人。一方、続かない人は筋トレを始めてみたものの、1ヶ月程度続けて効果が出ないからと、やめていってしまうらしい。短期間で体を変えたくて、短期間で変わるわけないのに、あきらめてやめていってしまう。

 

巷では「これをすれば短期間で劇的に痩せられる」というような謳い文句が溢れている。仕事ができる人は、こういった情報の取捨選択が非常にうまいんだそう。そんなものあるわけないと分かっている。また、自分で知識を仕入れて、それをひけらかしたり、「こうやればいいんだろ」というような態度は取らずに、トレーナーさんの指示にとても素直に従うらしい。そして、そういう人は筋トレでも成功者になる。

 

他にも、効率的な体の変化のさせかたをちゃんと「科学的根拠」に基づいて説明してあったりもするので、筋トレをしている、または、始めようとしている人には勉強になる1冊だった。モチベーションも上がった。あ〜あ、マッチョになっちゃうよ。困ったなぁ。


ちなみにお腹はまだ引っ込んでない。