ひまつぶし相談所

ぐんまけんみんです。ぐんまとは関係のないことばかり書きます。

人生ドラクエ化マニュアル ※Kindle版

エニックスの元社員のJUNZOさんという方の著書を読んだ。私も、ドラクエが大好きで、タイトルに強烈に興味を惹かれたので読んでみた。

f:id:otamachang:20160321160440j:plain

自分の人生をゲーム化させたらどうなるんだろう?と思ったJUNZOさん。そして「人様が遊ぶゲームを作っている場合じゃない!」と、会社を辞めてしまった。

 

なんでも、ゲームには「三大要素」があり、それを人生にぶち込むことによって人生はゲーム化することができるという仮説を立てる。その仮説を、自分の人生で証明してやろうというのだ。凄まじい勇気というか、行動力というか。いい意味での「バカ」。こういう人、本当に尊敬する。

 

JUNZOさんが導き出したゲームの三大要素とは、

  • 目的
  • ルール

である。

 

人生のゲーム目的には、ワクワクすること、やりたくてたまらないこと等を設定。ルールと敵はその設定した目的によって様々に変化する。ドラクエは、敵との戦いですら楽しい。それはなぜなのかも分析したうえで、人生の敵との楽しい戦い方を解説してある。なるほど、読んでみれば当然のことで、とても腑に落ちるのだけど自分では思いつきもしなかった。敵はどこまでいっても敵で、自分にとってマイナスにはなってもプラスになど絶対にならない存在だと思っていた。敵なんかいない方がいいに決まっている、と。そんな事はなく、敵がいることによりメリットもたくさんあったのか…。

 

 

だけどもちろん、この、人生というゲームはドラクエとは大きな違いもある。当然コンティニューなんて不可能で、やり直しなどきかない。また、"調べる"、"話す"などの「コマンド」はドラクエでは限られているが、人生では頭の使い方次第で無限に「コマンド」が出てくる。などなど。

 

そして人生というゲームにはマニュアルがない。模範的な「正しい生き方」なんてないわけだから、誰も知らないので教えることができない。うーん、実に難しいゲームだ。

 

「良い学校、大企業に入れなければ幸せになれない」というのは、一番身近で一番多くの人が信じ込んでいる「人生のニセルール」だとJUNZOさんは断言していた。

 

こういった、ニセのマニュアルに惑わされないで、自分の感性を信じて人生の目的を設定してゲームのように進めていけば悔いのない人生を送れることだろう!!

 

と、自分に言い聞かせて締めてみる。ほんと、本を読んでいる最中はなるほど、なるほどと感動の連続なんだけど、なかなか実践することができてないなぁ...。

 

いい本でした。続編が出ているようなので、そちらも読みます。

人生ドラクエ化マニュアル